トップ / 住宅と確定申告の事について

住宅にかかるお金の事

住宅と確定申告の事について

住宅売却時には確定申告を

一般的なサラリーマンであれば、住宅を購入したとしても、確定申告をしないですむ場合が多いといえます。所得税などの税金は給料から毎月天引きされていますし、もしも過不足があったとしても、年末に会社から書類の提出を求められるため、これに記入するだけで、その後の処理は会社を経由して行われることになっているためです。しかし、もしもローンを組んで住宅を購入したのであれば、逆にめんどうでも税務署に赴いて申告をしたほうがよいことがあります。この場合、所得税や住民税から一定の金額が差し引かれる控除制度の適用を受けることができるからです。

家のローンに必要な確定申告!

自営業の方が住宅のローンを組む際に必ず必要となるのが確定申告書です。自営業の方の収入証明となるのはこの申告書しかないためにローンを組む際には必ず必要になるのです。自営業の方でなくとも副業をしても良い会社であれば副業の収入を証明するために必要な場合もあります。申告書があれば香習うローンの審査に通るわけではありませんが住宅ローンを組む審査を行う際には必要書類として確定申告書を用意しておくことでスムーズに審査の手続きをすることができます。もしローンをお考えであれば特に自営業の方はきちんと申告書があるか確認してみてください。

↑PAGE TOP