トップ / 住宅の広さと適正について

住宅の適度な大きさは

住宅の広さと適正について

住宅の大きさは必要なだけが良い

住宅の大きさは必要にだけにすることが賢明です。大きければ大きいほど、建築コストが上がりますし、固定資産税なども高くなります。掃除する手間も増大するので、なるべく家は小さい方が良いのです。見栄などを張って巨大な住宅を作ってしまうと、管理が大変になることを忘れてはいけません。人にどう思われるかよりも、自分がどう過ごすかを考えて設計するべきです。小さくても便利な立地の家を持った方が移動時間や税金、管理の手間などを抑えた生活ができます。家の見た目よりも実際の生活を豊かにした方が人生はより良くなるはずです。

住まいの大きさと住む人数

住宅はただ広ければ良い、大きければ良いと言う訳ではありません。それを管理していく上でも、その広さには充分気を付ける必要があります。一般的に大きさとしては一人当たり9坪必要となります。つまり4人家族であれば36坪程度の広さがあると、動線が交わってしまって動きにくいと言う事が無くなるのでお勧めです。ただ広ければ良いわけではなく、掃除などの点から考えても50坪を超える広さとなるとなかなか部屋を綺麗にしづらい時もあるので、充分住宅の大きさには注意をしてどんな物件を選ぶのか、どんな間取りの物を選ぶのか考えなければいけません。

↑PAGE TOP